2018年 2月 の投稿一覧

ルクルーゼ ココットジャポネーゼ(24cm)はそのまま食卓に並べられて使い勝手が良し!楽チン便利!

我が家では、10年来、土鍋代わりのに使っています。冬は鍋物に大活躍。毎日のように、食卓に登場します。

鍋の作り方は、簡単。鍋にだしを沸かしている間に、お好みの具材を切り、沸いたら材料を入れて蓋をします。弱火で10分ほど煮込んだら、あとは放置するだけ。食べる直前に温めなおして、食卓にそのまま出します。

最近のお気に入りは、おでんとミルフィーユ鍋です。おでんは、味をしみこませるために、早めに準備する必要があります。でも、仕込みを朝すれば大丈夫。鍋に作ってそのまま置いておけば、夕飯の支度は温めだけです。コンビニのおでんに負けないくらいのおいしいおでんが、たっぷり食べられますよ。

ミルフィーユ鍋は、夕方からでもOK。白菜の美味しい冬の時期には、本当におすすめです。白菜と豚バラ肉を交互に重ねていき、それを鍋の高さに合わせて切って鍋に詰めるだけ。あとは、だし汁を入れて蓋をして煮込めば完成。そのまま食卓に出すと、子供たちもご機嫌です。鍋いっぱいの野菜と肉が、あっという間にお腹の中におさまってしまいます。

主人も料理好きで、週末によく作ってくれます。その時使うのは、たいていルクルーゼです。得意料理「よせ鍋」。カレーやシチューもこの鍋を使います。手をかけることや、細かい手順が嫌いな主人も「使いやすい」とお気に入りです。

 

私が気に入っている点は3つあります。

  • 1つは鍋の蓋の重みや突起の工夫で料理が柔らかくおいしく仕上がる事。
  • 次に、食卓にそのまま出すとき、浅型なので鍋敷きの上においても7cm弱。子供にも中が見えやすいくて、食べやすい事。
  • もう一つは、夕飯にお鍋だけをどーんと食卓に置いても、おしゃれで見栄えがいいので手抜きにも感じられない事。土鍋とは違った雰囲気で、洋風のお部屋でも違和感がありません。

ルクルーゼ ココットジャポネーゼ(24cm)は、我が家には欠かせない大切なお鍋です。

ルクルーゼ最大の欠点はその重さにあります。

持ち運びが大変ですし、洗うときは、片手でひっくり返すことも難しいです。そして、火加減に注意が必要なので、使う時気を使います。

ホーロー鍋では避けられないことかもしれませんが、家では主人も使うため、度々強火で使ってしまいます。重曹で沸かしても取れないほどになり、結局一つルクルーゼをダメにしてしまいました。あと一つ、価格が高い事です。価格が高い分長く使えるように修理をお願いできる所があればいいのになあと思ってます。

ルクルーゼは、1品で食卓を華やかにしたい場合や、洗い物を少なくしたい場合、熱々をそのまますぐに食べてほしい場合おすすめ

また、お鍋のまま食卓に出したい人にも絶対におススメです。鍋ごと出せる事は、大したことではないと思うかもしれません。でも、一度体験するとその食事中の楽しさや、意外に準備や片づけが楽なことに驚くはずです。日々家事に追われている、そんな忙しいお母さんもぜひ使ってみてください。

それから、食が細い子供がいる家庭でも、ぜひ試して欲しいです。家族みんなで同じ鍋から食べると、本能が目覚めるのでしょうか。競うように食べます。それに、「これ美味しいよ。」とか「もっと野菜もたべたら?」とか自然に声を掛け合いながら食べるようになるので、楽しい雰囲気の中で食が進みます。そして、普段食べな野菜にも挑戦する気持ちが出てくることもありますよ。

四季折々、いろいろな楽しみ方がありますが、寒い冬にあたたか〜い鍋を囲んで身体の芯から温まる、ルクルーゼ ココットジャポネーゼは、そんな使い方がおススメです。

ルクルーゼのココット・ロンド(22cm)でちょっと料理が楽しくなった

ルクルーゼといえば誰しもがイメージするものであろうココット・ロンドを使用しています。このココット・ロンドの良いところは「これひとつでなんでもできてしまう」というところですね。例えば煮るとなれば肉じゃがや筑前煮などの煮物は勿論、カレーやシチューなども美味しくできます。

煮物は蓋がしっかり閉じるというのが理由なのか野菜の水分がたくさん出るので、野菜本来の旨味や甘味が出て普通のお鍋で作るよりも美味しいものができているように感じるのです。カボチャの煮物などは、我ながら美味しくできるなと実感しています。

カレーなどにも野菜の旨味がしっかり出ているのかもしれませんが、それ以上に熱が伝わりやすいのであまり火を強くしなくても煮込むことができるというのがありがたいポイントです。実際に比較したことはありませんが、もしかすると通常のお鍋よりもガス代が安くなっているかもしれません。

そしてもう一つ揚げ物ができるというのが気に入っています。普段揚げ物は面倒かつ油を沢山使用するということであまりしないのですが、ルクルーゼを使えば少ない油でもしっかり揚げることができます。油の処理も楽ですしゴミが少なくなるのでエコにもなっているのではないかと思います。

 

ルクルーゼのイマイチだった点はとにかく重いことでしょう

その重さによって旨味や保温性が生み出されているということは承知しているのですが、いかんせん重すぎるかなと感じます。疲れていると蓋が片手で上がらないことも少なくないので、そのようなときには使用を断念することもしばしばです。

また、丁寧に扱わなければならないというのも個人的にデメリットです。勿論どんなものでも丁寧に扱うのが当たり前なのですが、炒め物で傷がつきそうになったり洗うときにシンクにぶつかりそうになったりとなにかと神経を使います。重さがあるので大切に扱うのは少し骨が折れるのです。

ルクルーゼはネームバリューやデザインにこだわる人にもオススメ

ルクルーゼのココット・ロンドはルクルーゼの代名詞ともいえる存在なため、まずキッチングッズであってもネームバリューにこだわるという方にはお勧めです。また、色鮮やかでキッチンに置いてあるだけで華やかなので、デザインにもこだわりたいという方にもおすすめできると思います。

そして料理があまり得意ではないという方にもおすすめだと感じています。私自身あまり料理が得意ではないですし好きな方でもないですが、これひとつあるだけで料理のレベルが上ったような気にさせてくれますし、煮る焼く揚げるなど様々なことができます。この商品のお陰で料理が少し楽しいと感じるようになりました。

家族に温かい料理を振る舞いたい、そんな方にも使ってみて欲しいなと思う商品です。

ルクルーゼのシグニチャー24cmが使いやすくて大満足

ルクルーゼは煮物や揚げ物の時に使っています。煮物は、おでんやシチュー、カレー、スープ、ポトフ、豚の角煮、お鍋などを作るときに活躍しています。どれも本当に美味しく出来ます。お米を炊くこともできるようですが、私はまだ挑戦した事がないです。

特徴は、焦げにくいこと、熱が逃げにくいので火の通りが早いこと、材料を入れても温度が下がってしまう事があまりないことなどがあります。普通の鍋と使い方が違うところは、料理の手順です。普通の鍋だと火をつけて、油を引いて材料を炒めるといった順番ですが、ルクルーゼの場合は鍋に油を引いて、材料を入れてから火をつけます。基本的に空焚きのような事はしてはいけないので、必ず材料を入れてから火をつけないといけません。

ルクルーゼは洗い方にも特徴があります。硬いスポンジでゴシゴシ擦ったりするのは絶対にしてはいけません。傷がついてしまうと、ホーローの表面の光沢が無くなって材料がくっつく原因になってしまいます。漂白剤も使用してはいけないです。着色してしまった時は専用のクリーナーを使って綺麗にすれば、見違えるほど綺麗になります。ただ、あまりにも頻繁に磨くと表面にダメージを与えてしまうので、1ヶ月に一回くらいを目安にすると良いです。

 

 いまいちな点はあまり無いのですが、強いて言うと重いです。

そしてお値段が高い。重さに関しては慣れれば苦痛ではないです。そもそもルクルーゼはホーロー鍋なので重いのは仕方がないと思います。重いからこそこれだけ美味しい料理が出来るのかなと思います。お値段が高いのも、それだけ手間暇をかけて作られているからだと思います。作られている場所は世界中で一箇所だけで、コーティングの技術や色の開発など職人さんのこだわりが詰まっているのでこの値段になるのだと思います。

 

“今よりもお料理が上手になりたい、働いている方で少しでも料理時間を短縮したい、時短でも手抜きはしたくない、可愛いカラーのものが好き、そういった方にオススメだと思います。
私自身、料理は苦手ですしどちらかというと不器用です。出来れば料理はしたくないと思ってました。結婚を機にルクルーゼを購入しましたが、こんな私が作ったとは思えないほど上手に出来て、それが嬉しくて愛用するようになりました。キッチンに置いていても可愛いですし、色んな色を集めたくなります。可愛いのでお気に入りになって、大事に扱うようになりました。
子育てをしながら仕事をするようになってもルクルーゼは大活躍で、お料理の時間が時短になって重宝しています。”