2018年 3月 の投稿一覧

毎日ルクルーゼ ビュッフェキャセロール26cmで晩ご飯が楽しい

毎日ルクルーゼ ビュッフェキャセロール26cmで晩ご飯が楽しい

ルクルーゼは、このキャセロール以外にも、ココットロンド18cm、24cm、グリルロンドなど持っていますが、気がつくとキャセロールをほぼ毎日使っています。

よく作るのはパエリアや、ブイヤベース、鍋風なアヒージョ、アクアパッツァなどです。
しっかりとしたフタがあるので、熱を逃がさず作ることができます。
洋風だけでなく、すき焼きを始めとした和食の鍋物にも使えます。浅めなので、テーブルの上でこどももお鍋の中を見やすい高さです。

親子丼の具を1度に4人分作るときにも使っています。
煮魚にも活用しています。ややしっとりになりますが、中華の炒め物にも使っています。

また、パスタを3人前くらいまでならゆでることができます。
深さはありませんが、口が広いので、パスタを折らずにゆでられます。
お箸でまめにかき混ぜてあげるとくっつかず、ゆであがります。

ルクルーゼは見た目がカラフルで明るいものが多いので、調理してそのままテーブルに出せるところが楽ですし、洗い物が少し減ることになるのでとてもいいと思っています。
転勤族なので引っ越す回数が多いのですが、引越先がIHでもガスでも対応できて助かりました。お鍋をいちいち買い替えるのは大変です。

ルクルーゼは万能感がありますが、焼き物に使うときにやや食材がお鍋にくっついてしまう

また、パラッとやカリッと仕上げたいといった料理にはちょっと向かないところです。

ほかのお鍋に比べると重いということがあげられます。洗うときやしまうときなどは、正直重いなと思います。

スープなどを取り分けるときに、最後お鍋を持ち上げなくてはいけないときなど、片手で持ち上げるのは大変です。
一部分は台に置いたまま傾けるなど工夫が必要です。

26cmと大きめのお鍋なので、二人分以上の調理をする方によいと思います。

ルクルーゼの得意とする煮物系や鍋物料理が洋風和風を問わずにお好きな方、よく作る方には強くオススメできると思います。
焼き物や炒め物にも、つかないホイルやシートなど活用すると弱点を補うことができるので、少ないお鍋でいろいろ作りたい方にもよいと思います。

また、IHでもガスでも対応できるということで、引越の多い方には引越先の熱源の違いでお鍋の買い換えをしなくて良いということでオススメします。
普段IH使用の方でも、万が一停電のときはカセットガスコンロでも使えるので、災害に備えたい方にも良いのではないでしょうか。

冷めにくい性質もあるので、省エネを心がけている方にもオススメしたいです。

ルクルーゼのココット・ジャポネーゼ・24cm、スタイリッシュで日々万能!

ルクルーゼはインドカレーやカレー、ミートソース、チリコンカン、ビーフシチュー・クリームシチュー、オニオンスープなどの各種スープ、煮込みハンバーグ、ロールキャベツ、夫や子供の好きなメニューに大活躍ですので、一週間に3~4回とほぼフル回転で使っています。

ビーフシチューなどはオーブンにそのまま入れられるのも凄く便利です!ゆっくりじっくり調理するお料理には最適です。見た目もオシャレで可愛くて、キッチンの色に合わせた色を買ってお気に入りです。

色のバラエティーもセンスが良く、可愛くて、キッチンにデコレーションとしても花を添えてる感じがするといつも思います。飾ってなくても、置いてるだけでスタイリッシュですから!高いのでそうそう次から次へとは買えませんが、安くで見つけた時など、少しずつ色んな大きさや形を集めています。

うちは週末は夫が料理をする事が多く、実は最初の購入は夫の強い勧めによるものでした。高いので最初はしぶっていたのですが、買って、使ってみて、大正解だったと20年経った今でも思います。お値段の価値は十分あります。使い始めて20年になりますが、本当に長く使い続けられるからです。一生ものです。全く飽きもきません。

ルクルーゼは重い!これだけが本当に難点です・・・。

でも、性能上、重いのは承知の上での購入で、仕方無いのですが、洗う時に重くて、洗いにくくて、洗った後に大きくて重いから、食器の水切りの所に置いとくと、場所とるし、拭くのもしまうのも重くて、毎回疲れるのは歪めません。大汗。

買った当初は20代だったので、そんなに感じなかったのです、実は。しんどいな・・・と思い始めたのは握力が落ちてきた40代に入ってからです。夫は何とも思わないようです。

ルクルーゼは子供のいる家庭には最適だと思いますね。

私がメインで使用しているのは、ルクルーゼのオーバル型の24cmのもので、カレー、シチュー、スープなどの煮込み系に最適ですので、子供のいる家庭には最適だと思いますね。

美味しく作れますよ。じっくりゆっくり煮込む料理に最適なので、時間に余裕のある専業主婦や、お料理する旦那さまの家庭など。仕込みさえすれば、長時間の調理はあとは放っておけるので、ある意味、その間にあれこれ用事や家事、子供の世話なんかもできますから、反対にラクだと思います。

それにこういう煮込み料理は沢山作れますし、他にあれこれ作らなくても、一品でOKですし。重いので、握力のある若い世代のご家庭に特にオススメです。笑。あと、本当、置いてるだけでオシャレですでスタイリッシュですよ。

ルクルーゼ TNS ディープ フライパン 深型 IH 対応 26cm で料理上手になりました!

私は、主婦歴8年になる者ですが、昔から料理は苦手で、よく失敗作を作っては、主人に怒られていました。
特に炒め物が苦手で、よく焦げ付かせてしまったりしては、料理を台無しにしてしまったり、フライパンを駄目にしてしまったりしていました。

ある時、同じく料理が苦手な友達に勧められたのが、今現在も愛用している、ルクルーゼの「TNSディープフフライパン」でした。

いつも安物のフライパンばかりを使用していて、料理は自分の腕にかかっていると思いこんでいた私は、当初は、ちょっとお高めのこのフライパンの購入をためらっていました。
けれど、友達があまりに勧めるので、元を取るくらい長く使おうと思い、購入を決めました。

そしてその結果、そのフライパンの腕の良さに大変驚きました。
いつも、焦がしてしまう、餃子やハンバーグが、油を使うこともなく、少しの焦げ目もつけずに、しっかりと中まで火が通るのです。

これは、内側にしっかりと3層のフッ素加工が施されているからなんだそうです。
おかげで、このフライパンに変えてからは、料理を焦がすことがなくなりました。

又、いつも作ってもベチャベチャになってしまうチャーハンでしたが、TNSディープフライパンは、熱伝導が素早く均一に広がるため、少ない時間で、重たいフライパンを振らないでも、パラパラとした美味しいチャーハンを作ることができるようになりました。

短時間できちんと全体に熱が伝わるため、パスタや野菜炒めなども美味しく仕上がり、時間短縮にもなっています。

又、材料がこびりつかないので、手入れも楽ちんで、今では私の料理作りになくてはならない調理器具となっています。

優秀なルクルーゼの「TNSディープフライパン」ですが、残念なのは、値段が張るということ

とは言え、その耐久性は、一般的なアルミニウムの約17倍、ステンレスなら2倍という硬さなので、一度買ってしまえば末長く使い続けることができると思えば、そう高くはないか知れません。

又、少し重たいのも、難点です。

けれど、振ったりなどしなくても、むらなく広がる熱伝導の作用で、しっかりと具材全体に熱が回るので、あまり気にしなくても良い程度です。
洗う際に、少し大変かな、という程です。

ルクルーゼの「TNSディープフライパン」は私のように料理が苦手な人に向いている

料理の腕がなくても、フライパン自体が優秀なので、ハンバーグや煮魚など、焦がしてしまいがちな料理や、チャーハンや野菜炒めなどのスピード勝負の料理など、どれも美味しく簡単に仕上げることができます。

又、内側と外側にフッ素加工が施されているため、手入れも楽ちんですし、飽きの来ないシンプルで洗練されたデザインは、見せる収納としても活用できますので、ずぼらな人、忙しい主婦にとって、とても嬉しい価値のある商品だと思います。

主婦だけでなく、人間工学に基づいてデザインされた握り手は、どんな人の手にもしっくりと馴染みやすく、使い勝手が良いため、シェフなど、プロの料理人の方にもおすすめです。